オナホの固定方法

オナホを固定して使用するのはとても気持ち良いもので、 手だとイマイチだったホールが固定で化けるなんてことも少なくないです。 しかし、固定の為にエアダッチやラブドール等を使うのは価格やスペースの問題で難しい…そんな時は身近にあるものを使ってオナホを 固定してみましょう!今回は私がエアダッチ等を買う前によく使っていたやり方をご紹介します。
「他にもこんな固定方法があるよ!」等ありましたらメールフォームにて教えて頂けるとうれしいです。


ケース1.クッションを使った固定

画像の【A】にはクッションや座布団、枕などを使用します。(※今回はクッションで進めていきます)
まず手ごろなクッション2つを用意し、重ねた2つのクッションの間にオナホを入れます。その後に紐で縛りますが、クッション形状によって 画像のように前後で縛るか、もしくは両サイドを縛るか決めてください。
この紐の縛りによってオナホのしまりが変わってきますのでお好みでキツくしたりユルくしたり調整して下さい。
ポジション的には正常位に近いですね。


ケース2.ベットとマットレスを使った固定

ベットを使った固定方法です。ベッド台とマットレスの間にオナホを挟みますが、そのまま挟んでもオナホが潰れてしまい、まったく使い物になりませんのでオナホの両サイドに雑誌等を重ね、オナホを固定できるくらいの圧力がある隙間を作ります。重ねた雑誌の高さでしまりも変わってきますので重ねる雑誌の数や厚さでベストサイズを作りましょう。肉厚の薄いオナホだと下のベッドの台の固さが気になるのでタオルに巻いたりするとよいです。
ポジション的には後背位で突いてる感じですね。上半身の自由度が高く、ベットの上に雑誌やマンガを置いて読みながらできるのでオススメの固定方法です。

また、フレラのように硬いケースに入っているホールは小細工無しにダイレクトで挟めれるので楽チンです。